ギャンブラーまとめNews

ギャンブル系スレ競馬・競輪・競艇・パチ・スロ・ブックメーカーまで なんでも有りのギャンブラーのNewsサイト
タイアップ元や、関連人物・女優・グラドル・AV女優速報ニュースもアップ

    タグ:スプリングS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    今年の3歳クラシックは超一流揃い!
    マカヒキ・リオンディーズ・エアスピネル・サトノダイヤモンド
    真の皐月賞での狙い目の馬を発表する 

    l01102
    牡馬クラシックのGI開幕の一発目、皐月賞が開催される。
    今年の3歳世代は話題も豊富で、何かと話題のマカヒキや2歳牡馬の頂点を極めたリオンディーズに武豊が惚れた逸材のエアスピネル、そして初GIへの願いを込めるサトノダイヤモンドと、今年は4強ムードが漂っている何て言われている。

    過去オルフェーヴルやゴールドシップ等の名馬が皐月賞を勝利して活躍していった大舞台。中山2000mに全てをかけクラシック戦線が開幕する。
    今回は少し穴馬の部分においておいしそうな馬がいるので紹介したいと思う。


    この皐月賞の段階で人気になるのはやはり過去のレース内容が重視されて人気になるケースが多いと思う。ステップレースとして全く同じ舞台が3月に開催されている弥生賞。ココを勝ち進み、皐月賞へ出走してくる馬が多数存在する。しかし、実際弥生賞からの勝ち馬が皐月賞へ出走して好走しているかというとそうでもない。
    Screenshot
     
    赤色の四角で囲んだ馬が弥生賞の歴代勝ち馬だが、皐月賞に出走した結果は以下の通りである。
    サトノクラウン:6着
    トゥザワールド:2着
    カミノタサハラ:4着(その後、屈腱炎引退) 
    コスモオオゾラ:4着(その後、勝ち鞍一切無し) 
    好走できたのは、近年であればトゥザワールドの一頭のみ。他馬に至っては皐月賞で馬券にすらならない状況。これでマカヒキを全力で推すのは少し危険を含んでいることがお解りいただけただろうか?
    では、どの馬がイチオシなのか?以下のデータを見て欲しい。

    Screenshot
    これは、共同通信杯の過去の結果を抜粋したデータである。
    リアルスティール :2着
    イスラボニータ  :1着
    メイケイペガスター:9着
    ゴールドシップ  :1着 
    共同通信杯からの出走馬が2頭勝利しているのがお解りいただけるだろうか?実際共同通信杯からの出走組で人気を背負って(4番人気位まで)出走してくればかなりチャンスがある馬だと言えそう。
    今年は勝ち馬がディーマジェスティ、しかし現在の単勝オッズでは8番人気となかなかの低評価。
    1着で入着するのは薄いかもしれないが、好走の可能性は十二分にある一頭。
    イモータルやメートルダールが出走してくれば面白かったのだが、残念ながら今回出走には至っていない。
    201602160003-spnavi_2016021600006_view
    このディーマジェスティを見くびらずに是非馬券に加えて欲しい

    ■皐月賞 結果
    Screenshot
    共同通信杯からの出走馬は皐月賞好走率が高いんです
    参考にされた方々おめでとうございました。 

    では恒例の2ちゃんねるユーザーの皐月賞の予想をお届けします

    1: 丁稚ですがφ ★@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 14:53:12.28 ID:CAP_USER*.net
    17日に中山競馬場で行われる、第76回皐月賞(3歳・牡牝・GI・芝2000m・1着賞金1億円)
    の枠順が14日確定した。

    弥生賞2着からの巻き返しを狙う2歳王者リオンディーズ(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)は8枠16番からのスタートとなった。

    また、デビューから無傷の3連勝で弥生賞を制したマカヒキ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)は2枠3番、
    同じく無敗できさらぎ賞を勝っているサトノダイヤモンド(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)は6枠11番に入った。

    その他、弥生賞3着のエアスピネル(牡3、栗東・笹田和秀厩舎)は7枠15番、
    3連勝でスプリングSを制したマウントロブソン(牡3、美浦・堀宣行厩舎)は3枠5番、
    新潟2歳Sを圧勝したロードクエスト(牡3、美浦・小島茂之厩舎)は7枠14番となっている。
    発走は15時40分。

     ( )内は性齢、騎手・調教師

    1-01 ドレッドノータス               (牡3、藤岡佑介・矢作芳人)
    1-02 ジョルジュサンク             (牡3、吉田隼人・鮫島一歩)
    2-03 マカヒキ                 (牡3、川田将雅・友道康夫)
    2-04 アドマイヤダイオウ           (牡3、福永祐一・友道康夫)
    3-05 マウントロブソン           (牡3、T.ベリー _・堀宣行)
    3-06 ミライヘノツバサ            (牡3、柴田大知・伊藤大士)
    4-07 ウムブルフ             (牡3、柴山雄一・堀宣行)
    4-08 ミッキーロケット            (牡3、横山典弘・音無秀孝)
    5-09 ナムラシングン               (牡3、田辺裕信・高野友和)
    5-10 トーアライジン             (牡3、大野拓弥・村山明)
    6-11 サトノダイヤモンド          (牡3、C.ルメール_ ・池江泰寿)
    6-12 リスペクトアース.            (牡3、石川裕紀・小笠倫弘)
    7-13 プロフェット             (牡3、戸崎圭太・池江泰寿)
    7-14 ロードクエスト.              (牡3、池添謙一・小島茂之)
    7-15 エアスピネル             (牡3、武  豊  ・笹田和秀)
    8-16 リオンディーズ.             (牡3、M.デムーロ ・角居勝彦)
    8-17 アドマイヤモラール          (牡3、内田博幸・上原博之)
    8-18 ディーマジェスティ.           (牡3、蛯名正義・二ノ宮敬宇)

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

    【【的中】皐月賞の買いはコレ!3強の枠順確定から狙える穴馬をまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    07224206

    ダノンメジャー 頼れる伊の名手・バルジューで逆襲

    1001: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2015/04/15(火) 01:34:00.00 ID:R6162whs0
     今月“JRA所属騎手”としてデビューしたミルコ・デムーロが大いに目立っているが、年明けからJRA短期免許で騎乗しているダリオ・バルジュー(38=イタリア)も負けじと“いぶし銀”の存在感を放っている。スプリングSではダノンメジャーとコンビを組んで重賞Vを狙う。

    イタリアの名手バルジューの存在感が高まっている。年明けから日本で騎乗して14勝。短期免許期間は今月末までで残り2週あるが、現時点で近2年の勝ち星(13年1勝、14年12勝)を上回っている。02年にミラノ大賞典を勝ち、日本でも03年にコスモサンビームで朝日杯FSを勝つなど実績は十分。「毎週乗せてもらって、いい気持ちでレースに集中できている。それが自信につながっている」と好リズムだ。

     一昨年は6年ぶりの来日だったが、免許期間が1カ月と短く、美浦から栗東に拠点を移したのもあって、自身をアピールするのが難しかった。「今年は3カ月。今までより関係者を知っているし、声をかけてもらえるようになった。トレーナーをつけて、馬に乗るために必要な体幹とかバランスの筋肉を鍛えているんだ」。悔しさをバネにしてトレーニングに励み、リベンジの機会をうかがっていた。

     日本での活躍がステータスになる。騎乗レベルの高さや施設の充実ぶりを肌で感じ、人柄にもほれ込んでいる。「日本人は大好き。競馬を見てもいいところを挙げたらキリがない。イタリアに帰りたくないと思うほど」。ミルコ・デムーロやルメールがJRA所属騎手になったことについて「彼らが頑張っている姿を見ると、自分も負けていられない。もっと勝たなきゃと思う」と語り、さらなる活躍を誓った。

     今週はスプリングSでダノンメジャー、ファルコンSでセカンドテーブルに騎乗。ダノンメジャーには11日の調教再審査でまたがり、手応えをつかんでいる。「前走はレース中に止まってしまったらしいね。何が起きたかは分からないけど、調教再審査で乗ったときは素直だったし癖もない。力がある馬で不安もない。重賞をもっと勝ちたいね」。不振に陥ったパートナーを復活に導けるか。培った経験、技術を手綱に注ぎ込んでファンを魅了する。

     ◆ダリオ・バルジュー 1976年8月24日、イタリア生まれの38歳。97年にイタリアの騎手免許を取得。13、14年イタリアのリーディング1位。02年11月に初めて日本の短期免許を取得。日本通算1151戦88勝(うち重賞4勝)。


    [スプリングステークス(GII)出走馬 調教タイム]

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2014/04/15(火) 01:34:00.00 ID:RL662whs0
    キタサンブラック清水久
    栗CW併せ馬馬なり84.7-67.0-51.8-38.0-12.0


    タケデンタイガー武市
    美南W単走津村馬なり67.4-52.2-38.1-13.0


    ダノンプラチナ国枝
    美南W単走馬なり86.1-70.0-54.2-40.1-12.6


    ダノンメジャー橋口
    栗坂併せ馬終い仕掛け53.6-38.7-25.1-12.6


    フォワードカフェ小島太
    美坂単走田中勝馬なり53.7-39.1-25.5-12.5


    ブラックバゴ斉藤誠
    美坂併せ馬馬なり54.5-39.1-25.2-12.7


    ベストミックス松永幹夫
    栗坂併せ馬松田終い一杯53.8-38.7-24.7-12.2


    ベルーフ池江
    栗CW3頭併せ川田終い強め83.5-67.8-53.2-39.1-12.0


    マイネルサクセサー畠山
    美南D3頭併せ柴山 12.8


    マイネルシュバリエ和田正道
    美南P併せ馬馬なり三浦12.9


    ミュゼスルタン大江原
    美南W柴田善馬なり68.2-53.7-39.3-13.1


    リアルスティール矢作
    栗坂併せ馬福永馬なり53.1-38.9-25.3-12.5


    【スプリングS(GII)調教タイム・イタリア名手D.バルジュー ダノンメジャーにコメント】の続きを読む