今年最初のGI を見据えたダート巧者が集結!
「第28回 根岸ステークス」

2014年に東京競馬場で行われる最初の重賞競走は、
フェブラリーSの前哨戦と位置付けられている根岸Sだ。

今年から第1着となった馬にフェブラリーSの優先出走権が付与されることになっただけに、
より白熱したレースが期待できるだろう。
2012年のフェブラリーSは、1着テスタマッタ(前走・根岸S3着)、2着シルクフォーチュン(同1着)と、
当レースを経由した馬がワンツーフィニッシュを決めた。同じ東京競馬場のプレップレースを制し、
本番の有力候補に躍り出るのはどの馬だろうか。
6ed345ec923ca593c63456d0b55673e6
【【フェブラリーS前哨戦】根岸ステークス(GIII)2/2】の続きを読む