ギャンブラーまとめNews

ギャンブル系スレ競馬・競輪・競艇・パチ・スロ・ブックメーカーまで なんでも有りのギャンブラーのNewsサイト
タイアップ元や、関連人物・女優・グラドル・AV女優速報ニュースもアップ

    タグ:天皇賞春

    GWド真ん中の今週末の日曜が春天(5月3日)
    111

    京都競馬場では古馬の最強ステイヤーを決める第151回天皇賞・春(芝外3200メートル)
    主役候補は昨春、単オッズ1・7倍の断然人気で4着に敗れたキズナ(牡5・佐々木晶三厩舎)。
    レース中の骨折(左前第3手根骨)が影響したが、
    戦列復帰後も3→2着とファンの期待を裏切る格好となった。
    ダービー馬は完全復活するのか? 陣営の“本音”に迫った。

    ― レース直後の武豊は「正直、負けるとは思っていなかったしよく分からない。
      調教では良くなっていると感じたが、まだ本調子じゃなかったのか」と
      言葉を選びながらも敗戦のショックは隠しきれない様子だった。

    では叩き2走目の大阪杯の8キロ減という馬体重に誤算があったのか?
    「大阪杯は絶対に勝てると思っていた」とキズナの体調の変化を最もよく知る
    担当の田重田厩務員は騎手、調教師と同じ考えでレースに臨んでいた

    ―「京都記念の時の装鞍所での姿はさすがに太いなと感じたけど、
      前走は数字に関係なく締まっていい体になったから大丈夫だと思った」
      と太め残り説を否定する。

     ただ、佐々木調教師は別の角度からこう分析する。

    ―「耳を絞って嫌がるそぶりを見せていた。重い芝で走れる適性はあっても、
      気持ち良く走れない馬場は好きじゃなかったのかもしれない」。

    武豊が続ける。

    ―「あの日は泥や芝の塊がバンバン飛んでくる特殊な馬場状態。
      キズナの位置は最もその影響を受ける場所。
      そういう経験が少なかった分、嫌がっていたんでしょう」。

    大阪杯でキズナが気分良く走れていないのは確かなようだ。

    レース中の骨折があった昨春の天皇賞は不本意な競馬だったが、距離に対しての不安はない。
    今回は貪欲に1着を取りにいくという思いで団結しているチーム・キズナ。
    歯車がかみ合えば日本ダービー以来のGI優勝もそれほど難しいことではないかもしれない。
    その先には凱旋門賞でのリベンジという大きな夢が待っている。
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2015/04/27(月) 14:50:24.58 ID:+8mZ7rsP0.net
    • 第151回 天皇賞(春) 出走表
    tennnoushou
    競馬ポータルサイト KLANより

    【2ちゃんでのキズナ・シップの信頼度www[ 第151回天皇賞(春)(GI) ]】の続きを読む

    [競馬]人気薄の激走はオッズで高配当狙い撃ち!!
     >> 【JRA】オッズ解析ブログ <<

    E382B4E3
    天皇賞・春で7着に終わったゴールドシップ(牡5=須貝)は、
    ゴール入線後にジョッキーが下馬。
    レース後にレントゲン検査を行った。

    担当の今浪厩務員は
    「検査の結果、骨に異常はなかった。
    トレセンに戻ってからも歩様は乱れず、今のところは問題ない。
    いつものゴールドシップです」と話した。

    近日中に再度レントゲン検査を行い、様子を見てから今後のことは検討される。

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2014/05/04(日) 23:43:54.29 ID:Rs7Ow4CZ0
    案外、障害兼用の熊沢みたいなのが合いそう

    【ゴールドシップ 検査の結果は骨に異常なし】の続きを読む

    [競馬]オッズ解析を用いて、関係者が仕込んだ穴馬をピックアップ
     >> 【JRA】オッズ解析ブログ <<
    Z20140427GZ0JPG001134001000

    27日に香港・シャティン競馬場で行われたオーデマ・ピゲ・クイーンエリザベス2世カップ
    (芝2000メートル)

    トミー・ベリー騎手が騎乗したデザインズオンローム
    (香港=J.ムーア厩舎、セン4歳)が快勝した。

    クビ差2着が昨年の覇者ミリタリーアタック。
    日本から参戦したエピファネイアは好位から手応え良く進めたものの、
    直線の伸びを欠いて4着に敗れ、アンコイルドは10着に終わった。
    タイム2分1秒06(良)。

     レースはセイムワールドの逃げで幕を開け、
    サンショワーズが2番手。3番手のインにアンコイルドがつけて、
    エピファネイアはその直後からレースを進めた。

    4コーナー手前でエピファネイアは3番手に上がり、
    抑え切れない手応えで先頭に並びかける。
    しかし、直線ではインを突いたミリタリーアタックと、
    外のデザインズオンロームにかわされると余力がなくなり、
    さらに後ろから来たウェルキンゲトリクスにもかわされて、
    勝ち馬から4馬身1/4差の4着にとどまった。

    アンコイルドは失速して最下位に敗れている。

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2014/04/27(日) 17:40:08.32 ID:0JnEUnxL0
    ボリクリの血が騒ぐぜ

    【エピファネイアとは何だったのか…】の続きを読む