デムーロ・ルメール時代の到来!
 エージェント頼みの騎手はボロ馬しか集まらなくなっている 

2015年から日本所属になった2人の外人騎手がいる
競馬ファンにはおなじみのミルコ・デムーロクリストフルメールの両外人騎手。
etc14100117590003-p1

タイトルの「エージェント」はどのような意味なのか?
■競馬エージェントとは?
 =騎乗馬依頼仲介人のこと。
競馬新聞の記者なんかがサブビジネスで行っている行為。
2014年あたりで話題になった小原軍団といわれるのもこのエージェント関連
では、そのエージェントの権力が薄れ、外人騎手に有力馬が集まりだしている経緯を書いてみる。




原軍団が没落し、沢軍団に有力馬が集まりだしている

敏腕エージェントとして最近ちょくちょく名前を聞くこともあるかもしれない
img_2
「小原軍団」と言われたエージェント集団、コアな競馬ファンならご存知だろう。
その小原靖博氏が主となって軍団になっているのが小原軍団、栗東のトレセンで知らない人間はいないほど

その小原軍団は過去、自分で有力馬を抱えてはグループ所属の騎手に有力馬を回してきた
その旗手たちが【福永・岩田・四位・小崎】の4人の騎手である。
この騎手たちが小原の手先であり、この4名を主体として有力馬を回しあう事態が起こり、
エージェント制が問題視されてきた。
当然である、ほかの騎手に有力馬が回らないということは、おまんまの食い上げである。

その状況にやった重い腰を上げたのがJRA、
昨年騎手エージェント一覧を公式ホームページで発表した。

そして、この小原軍団が権力を振るって昨年あたりまでは有力馬の回しあいをしてきた、
しかし最近変化が起こりはじめているというのだ。




ージェントの権力がまりだしたのは外人騎手の性?

エージェント制の終焉、そのきっかけとされているのが外人騎手のJRA所属になった件だ。
2015年の3月「ミルコ・デムーロ」・「クリストフ・ルメール」である。

ちなみにこの両騎手もエージェントは使っている
それが、最近になって幅を利かせだしたエージェント「豊沢信夫」氏だ。
この豊沢氏は、競馬ニホンの競馬記者である
元々外人騎手が短期来日した際には、この豊沢氏が担当していた。 

x2015092323012484_20150923-230123

そして、2015年に日本所属となった両騎手のエージェントは引き続き豊沢氏が引き受ける流れとなった模様
豊沢軍団の騎手は【M.デムーロ・C.ルメール・浜中・城戸】が主な所属騎手。
こんな多国籍軍団が、今では社台グループのバックアップを受けて、小原軍団より力をつけ始めているという
関西最大の競馬エージェントとまで言われるほどだ。



エージェントの立場が逆転! 
小原軍団 < 豊沢軍団 

小原軍団で回しあっていた有力馬を次々に強奪し、エージェントの力を見せつけ始めた
しかし、小原氏と豊沢氏には決定的な違いがあった模様だ。
それは豊沢氏のやり方にある。

小原氏はもともと自分で有力馬を集めて、エージェントとして馬を回して運営していた。
しかし、豊沢氏は違う。
豊沢氏のやり方は、社台グループの完全バックアップ方式をとっていたのだ。




豊沢エージェントの力馬の回し方を徹底解

豊沢氏はとどのつまりどのようなやり方でエージェントをしているのか?
それは簡単、社台の仲介するだけ。

ホントに文字通りこの通りだったようだ、
「社台グループからきた騎乗依頼を、デムーロ・ルメールに手配を行う」
ホントにこれだけをしているだけの模様。
K5aZg

つまり、小原氏は「出る杭は打たれる」
で打たれてしまった訳だ。
ひっそりと社台のお世話してた豊沢氏が権力を奪ったというよりは、
手なずけ易いエージェントを多用しているだけとも取れる。

しかし、結果として小原軍団は豊沢軍団に有力馬を獲られた結果となってしまった。



【競馬エージェントの権力はどこへ?外国人騎手の天下がやってきた】の続きを読む