沖海3が釘問題に触発し、撤去命令が下る。
 ホールに設置中の9万台のCRスーパー海物語IN沖縄3HMEが回収の方向へ 

40dd01ee1aea41ddd83a8955a2cea2d8

1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイW dfa3-llTV) 2016/03/03(木) 02:26:09.73 ID:NdHVtSZV0.net BE:113554418-2BP(1001)
日工組は3月2日、「『遊技くぎ』の変更により性能が異なる可能性のある型式遊技機」の回収リストの第2弾を関係団体に送付した。
リストにはぱちんこ機、11社17型式が記されている。いずれも2013年に検定を取得した大当たり確率が1/320以下のぱちんこ機。
 
日工組のリストによると、今回の回収対象機の市場における設置台数は合計で8万8104台だが、うち8割以上が「CRスーパー海物語IN沖縄3HME」。回収対象遊技機のリストは2月10日に発表された、
2013年に検定を取得したMAXタイプを中心とした13社28型式の4万8863台に次ぐもので、今回の発表によって、遊技くぎ問題に伴う「検定機と性能が異なるおそれのあるぱちんこ遊技機」は合計で17社45型式、
13万6967台になった。日工組では前回のリスト公表時と同様、調査中の遊技機については対象機が判明次第、順次報告していくとしている。

回収対象機の取扱いについては、
全日遊連と日工組が2月18日と25日に定期連絡協議会を開催するなどして協議を重ねている。
撤去・回収方法で全日遊連は、
「ホール側には何ら落ち度がないことからも、メーカー団体の責任において、
安心して使用できる適正な遊技機と無償で交換して頂きたい」と要望したが、
日工組は
「出来かねますが十分に努力し、対応に努めます」と回答し、無償交換には応じられない考えを伝えている。

また、全日遊連では、各メーカーの回収方法や回収条件等をとりまとめて提示するよう日工組に要望。
これに対し日工組は、新台対応では「(高射幸性遊技機の下取り価格ではない)下取り回収」
「リサイクル部品の利用による低廉な遊技機の提供」
「リース等による遊技機の提供」などの負担軽減措置を各メーカーが責任をもって進めるよう、
組合員会議の席上で各社に強く要請したことを報告した。さらに日工組では、
中古機での入れ替え対応では、「中古機の購入」「倉庫にある中古機での入れ替え」

「中古機の提供」などで回収対象機と入れ替え機のメーカーが同一の場合とそうでない場合で検討していく考えを示した。

さらに全日遊連では、追加要望事項として、認定申請等の取り下げに伴う費用負担を求めたが、
日工組は「今後の情報の開示時期に関連し、
様々なケースが想定されることを考慮し対応を協議検討する」と回答するに留めた。

また、回収対象機をメーカー側で検定機と同じ性能になるよう調整した場合でも
保証書を出せないとした理由を明確にするよう全日遊連側が求めていた件では、
日工組は「中古機流通協議会で、当該機種が明らかになった時点で、
その機種が検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機である以上、
保証書は作成できないと見解が示された」と回答した。

全日遊連によると、日工組の回答内容は依然として不明確な点が多いとして、
3月9日にさらに協議する予定にある。

回収対象遊技機リストについては、第1次、第2次ともに
日工組から正式に発表される前に誤った情報が業界内に出回り、
中古機価格が変動するなどの混乱をきたしていた。
今回の回収対象機一覧表には、日工組の押印がなされている。

1.1: 名無しさん@実況でギャンブル板でアウト 2015/03/15(火) 01:34:00.00 ID:RL562whs0
■ ぱちんこ業界のを斬る
 

【大激震、ホールで高稼働を誇る海物語。違法機規制対象に該当、約9万台が回収へ…】の続きを読む